2019 05/13

平成31年度若手社員宿泊研修「令生塾」!

みなさんこんにちは!

今回は、入社して3週間経過した新入社員、
また入社3年以内もしくは25歳までの正社員を対象に
4月22日(月)~23日(火)に岩国市銭壺山にある山口県ふれあいパークで行われた、
「平成31年度若手社員宿泊研修」についてお話させていただきます!

昨年までは外部講師を呼んで若手社員研修を行っていましたが、
今年は小野会長が塾長となり、「令生塾」という名前でスタートしました。
これは新元号「令和」と「生命(いのち)」を掛けあわせたもので、
当日の朝、この文字が塾長の頭に降臨してきたそうです。

まず初日は小野社長、小野塾長の挨拶で始まり、この研修目的が発表されました。
これまで塾長がアド、そしてアデリーを通して生まれた理念や哲学などがいくつかあり、
これを1年間、月1回のペースでじっくり若手社員に教えていく内容で組み立てられています。


その後、一人ひとりの簡単な自己PRタイム。
続いて、以前アデリーが参加した「朝礼コンテスト」をモチーフに、
3グループのチーム対抗で朝礼実践を行いました。

チームによって練習の違いが生まれましたが、
いざ本番になるとどのチームも真剣かつユーモアあるパフォーマンスを取り入れ、
小野塾長や小野社長とも甲乙つけがたい結果となりました。

小野塾長の講義では、
これまでアド、そしてアデリーを創業してこられた方だからこそ
一つひとつの言葉に重みがあり、いろいろなキーワードが飛び交っていました。
塾生はみんな真剣な眼差しで聞いていたり、ノートにぎっしりとメモもしていました。
これから彼らがどれだけの理念や哲学を吸収し、成長していくのかとても楽しみです。

この日の最後は、「私は誰?」というテーマで3分間スピーチを実施。
これまでの生きてきた自分の人生や暗い過去、生命について話す塾生もいました。

中には、自分の話に熱中し過ぎて時間をオーバーしてしまうことも。
なかなか自分をさらけ出すのは勇気がいる行為ですね。


翌日の午前中は、これまで全体朝礼で小野塾長が話してこられたいろいろな言葉を整理し、
制作していくためのキックオフ。いわゆるアデリーフィロソフィーの作成。
日めくりカレンダー、職場の教養のような冊子作りなど、
最終成果物をどうするか様々なアイディアが飛び交っていました。

また、アデリーで挑戦してみたいことをテーマにグループディスカッションを実施。
若手社員なりに考える想いはあり、
どの意見も他のグループが賛同できる理由もしっかりしたものでした。


小野塾長による若手社員研修の中で、企業理念やアデリーフィロソフィーを改めて学び、
会社の方針やビジョンを知ることは、
自社への理解を深めることであり、とても最重なことです。

いずれ会社を背負っていく若手社員…1年後のさらなる成長を期待しています。

自然と人間の営みが長い年月をかけてつくりあげた小さな、本当に美しい日本は、いまならまだ各地に残されています。それらを慈しみ、楽しみ、そして、しっかりと未来に残すために。私たちは、「日本で最も美しい村」連合の活動をサポートします。

日本一美しい村連合
foodaction

瀬戸内Finderは、地元の皆さんからの写真や、 在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイトです。

瀬戸内Finder

Copyright (C) adelie Co.,Ltd. All rights reserved.