2014 08/29

自然災害

今年の夏は豪雨災害が全国各地で起き、 気象庁は今年の豪雨災害を「平成26年8月豪雨」と名付けております。

隣の県の広島豪雨災害でもたくさんの尊い命が奪われ、 いまなお、1000人以上の方が避難生活を送られています。

隣の県の出来事ということもあり、 社員の知り合いの方が亡くなっていたということも耳にし、 本当にやり切れない思いがこみ上げてきます。
我がまち柳井では、 2005年の7月に大雨の影響を受け、 当時のアド柳井店もこの浸水被害を受けてしまいました。

写真1写真2

いざということのために地域のみなさんと連携を図ることも重要です。
例えば、お隣さんは何人住まわれているのか、 それを知っているだけでも何か変わってくるかもしれません。

自然災害が近年多くなってきており、 いつ起きるかわからないのが非常に恐ろしいものです。 
防災グッズの準備・点検をみなさんされていますか? 
身を守るために少しでも何かできればいいなと思います。

アデリーも地域の一員として、 邁進していこうと思いますので、 今後ともよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、 災害に被害にあわれた方に、 心よりご冥福とお見舞い申し上げます。

 

自然と人間の営みが長い年月をかけてつくりあげた小さな、本当に美しい日本は、いまならまだ各地に残されています。それらを慈しみ、楽しみ、そして、しっかりと未来に残すために。私たちは、「日本で最も美しい村」連合の活動をサポートします。

日本一美しい村連合
foodaction

Copyright (C) adelie Co.,Ltd. All rights reserved.